手作り石鹸を作ってみました!

木箱1

手作り石鹸との出会い

以前ちょこっと入院していたときに、たまたま図書館で見つけた前田京子さんの書かれた「お風呂の愉しみ」という本を読みました。
お風呂に入れない入院中、前田さんの素敵な本は私の癒しになりました。

その本の中で書かれた手作り石鹸。
「作ってみたいな~」と思い続けて、挑戦したのが1年半前。
牛乳パックで作ったので型から出すのにものすごく苦労して、見た目も残念な感じに。
マルセイユ石鹸とオリーブ石鹸を1個ずつ作って、しばらく忘れてました。

 

寝かせれば寝かせるほどマイルドに?!

 

どなたかの本で、3か月~半年寝かせた使い心地が好きだとあり、1か月ほど風通しのいいところで熟成した後、桐箱にしまい涼しいところに保管。
しばらくすっかり、存在を忘れてました。

作るのが好きなだけかも?と自分で苦笑したくなるほど、寝かせている間興味がなくなってしまいました(笑)
でも、ふと「そろそろ使ってみようかな~」と一個箱から出して洗顔したら...!!!

泡の柔らかさ!!
流した後のさっぱりしてるけど、しっとりした肌の感触!
これはいい!!と自分でもびっくり。

酸化しない限り使用期限ってものはないようですので、毎日の洗顔に大事に大事に使ってきました。
その在庫がなくなる前に次を仕込まなくちゃな~と思い、石鹸作りを再開しようかなと重い腰を上げました。

 

アクリルモールドで型だしの苦労から解放!

 

アクリルモールド

 

でもね...やっぱり牛乳パックから出すのが難しいんです。
冷蔵庫とかに入れると出しやすいらしいんですが、苛性ソーダの蒸気?がでてたりするのかな~、冷蔵庫に入れたくないな~と思ってました。

そこでインターネットで「手作り石鹸 型」と入力して検索。
見つけました!アクリルの型!
試しに1個買って作ってみると...
その手軽さと型出しのしやすさに感動。
今までの自分の苦労って、いったいなんだったの?と思いました。

最初に素敵に出来なかったから遠ざかっていましたが、今ではすっかり気楽に作れるようになりました。
そこから石鹸熱が暴走(笑)
今、熟成待ちの石鹸がたくさんいます♪

 

石鹸をスタンプでかわいく♪ 押すタイミングが大事

 

石鹸用スタンプセット

 

石鹸にスタンプ押したいあ~と思い、ネットで検索。
アルファベットのスタンプセットを購入しました。
カットして、半日くらいして表面が乾いたら、手で軽くむにゅっと押します。
ある程度乾かしてから、プラスチックハンマーとかで押す方もいらっしゃるようですが、私は表面が乾いたら手でむにゅっと押すのが自分の手加減とあっているみたいで綺麗に押すことができました。

 

乾燥用木箱を自作♪

 

木箱3段

 

木箱1

 

自分のよく作る石鹸のサイズと、住居事情から考慮したサイズの熟成用木箱を自作しました。
買おうかと思ったんですが、気に入るものが無かったのでやっと作ることができました!(^^)!
材料は、桐とヒノキを使っています。
というのも近所のホームセンターでちょうどいい木がこの2種類でした。
両方とも防虫効果や湿度を調整する機能のある、優秀な木材です。
以前は段ボールに入れていたのですが、木箱があると部屋もいい雰囲気です(笑)
パートナーには「よくやるね~」とあきれられていたように思います。

 

では、石鹸のご紹介です♪

 

1つ目は、ラベンダーとローズマリーの黒蜜入りシャンプーバーです♪

 

ラベンダー&ローズマリーの黒蜜入りシャンプーバー

 

 

 

2つ目はココアバターを使ったローズクレイのクレンジングソープ。

コアバターとローズクレイのクレンジング石鹸

 

 

3つ目は贅沢にマカダミアナッツオイルとスイートアーモンドオイルを使った石鹸。

マカダミアナッツ&スイートアーモンドオイルの石鹸

 

 

 

4つ目はカモミールと桜蜂蜜のシャンプーバーです♪

カモミールと桜蜂蜜のシャンプーバー

 

 
使うのが楽しみです♪

まだまだ挑戦したい石鹸が沢山あるので、日々精進していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です